海を見ながら落ち込む女子絵

重度のわきがの人にとっては、手術によってアポクリン腺を除去することで臭いの原因に対処することは有力な選択肢となります。

ただ、どんな手術でも成功率は100%ではありませんし、それはわきがについてもいえることなのです。

もしわきがの手術が失敗してしまった場合、どのようなことが起きるかについて説明していきましょう。

わきがの手術には2種類ある

手術前の医師の手元

上にも書きましたが、わきがの鍵を握っているのはアポクリン腺という汗腺から分泌される汗です。

アポクリン腺からの汗には脂質などが含まれており、この脂質を栄養分にして繁殖する細菌の分泌物が臭いの原因なのです。

細菌を繁殖させないためには、アポクリン腺から分泌される汗をなくしてしまうことが近道で、わきがの手術はこのためにアポクリン腺そのものを除去してしまうものです。

わきがの手術の方法には、大きく分けて2種類あります。ひとつはわきの下を切開し、目視でアポクリン腺をひとつひとつ取り除いていく剪除法です。

もうひとつはわきの下に小さな穴を開けて専用の器具を入れ、切開しないでアポクリン腺を除去していくマイクロリムーブ法です。

それぞれメリットとデメリットがありますが、このデメリットが手術の失敗に結び付いてくるのです。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

失敗例1・アポクリン腺の除去が不十分

これは基本的に、マイクロリムーブ法のデメリットに起因するものです。

マイクロリムーブ法は実際に脇の下を切開しませんので、目視でアポクリン腺を除去することができません。

このため、医師の経験と勘によってアポクリン腺の場所を探り当て、除去していくしかありません。

医師としての経験が足りない、もしくは基本的に技量不足の医師が術式を行った場合、アポクリン腺の位置をうまく探り当てることができませんので、取り残しが多くなってしまいます。

そうでなくてもマイクロリムーブ法は目視ができませんので、効果という点では剪除法にやや劣るところがあります。

医師の技量の問題でアポクリン腺の取り残しが多くなると、汗の量はあまり減ってくれませんので、わきがの臭いがほとんど軽減されないという失敗を招いてしまうのです。

ただ、こうした技量の問題はマイクロリムーブ法に限ったことではありません。

剪除法の場合も医師の技量に問題があればアポクリン腺の取り残しが生じてしまい、結果として手術の効果が不十分になってしまう可能性があるのです。

失敗例2・手術痕が残ってしまう

これはわきの下を切開する剪除法のデメリットに起因するものです。

実際にわきの下にメスを入れる以上、どうしても手術痕が残ってしまうのですが、医師の縫合技術に問題があると、この手術痕が非常に目立つものになってしまうのです。

仮にアポクリン腺の除去が十分であっても、あまり美しくない傷痕が残ってしまうのは、気持ちのいいものではありませんよね(特に女性にとっては)。

それだけならばまだいいのですが、場合によっては傷痕が硬化してしまったり、肌に凹凸ができてしまったりするケースもあるのです。

傷痕が硬化すると腕を動かす際にも支障が出てしまうこともあり、手術によるデメリットばかりが目立つ結果になってしまいます。

失敗例3・血腫ができてしまう

剪除法によってアポクリン腺を取り除いた後に血がたまってしまい、血腫になってしまうこともあります。

こうなると傷が治ったあとでも手術痕が目立ちやすくなってしまううえ、皮膚が壊死してしまう可能性もあるのです。

「わきが 手術 血腫」で検索をかけると、こうした臨床例が結構出てくるのですが、これは完全に手術を担当した医師の技量が水準に達していないことが原因です。

手術が成功するかどうかは「医師の腕」次第

ここまで読んでくれば分かっている人も多いでしょうが、こうした手術の失敗は、基本的には担当する医師の技量が原因で起きるものです。

もしアポクリン腺があまりうまく除去されていなければ、わきがの症状は大きく改善してくれませんので、リスクのある再手術を行わなければならなくなるケースもあります。

傷痕が残ってしまったり、血腫になってしまったりした場合には、体だけでなく心の方にも消えない傷を負ってしまうことになりかねません。

手術の失敗という目に遭わない方法はたった1つ、技量の高い医師を選ぶことです。

剪除法は重度のわきがならば保険の対象となりますが、マイクロリムーブ法は保険の対象になりませんので、医療機関によってコストに大きな差が出てしまいます。

単にコストが安いというだけの理由で技術面に問題のある医療機関を選んでしまうと、手術の失敗という目も当てられない結果を招いてしまいます。

手術に当たっては、各医療機関のホームページを見て、そこの医師がどのレベルの治療実績を持っているかを確認したうえで受診、綿密に相談を重ねたうえで手術に踏み切るくらいの慎重さが必要になってくるのです。

時間をかけて、医療機関の本当の技量を把握していきましょう。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】わきが対策はコスパ重視の方へ!100均のおすすめグッズはコレ!