お酢をスプーンですくっている

家出も手軽にできるわきがの対策方法ってありますよね。

たとえばデオドラントクリームとかは手軽にできるわきがの対策方法ですよね。

もっと身近に感じるわきがの対策方法もあるのです。

それは「お酢」を使った方法です。特別な準備をしなくても、もともと家に置いてあるという人は多いのではないでしょうか。

お酢を使ったわきがの対策方法を紹介していきます。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

お酢でわきが対策!その消臭効果とは?

果実酢

お酢は酢酸とクエン酸が含まれています。このお酢に含まれているクエン酸というのはわきがにとても効果のある成分だと聞いた事はありませんか?

クエン酸には高い消臭効果があることで知られています。人間の身体の代謝は、無酸素の状態だと疲労物質の乳酸が出来てしまいます。

酸素が多い状態でも代謝はクエン酸サイクルというものでスムーズに代謝が行われます。乳酸はアンモニアを発生させることで体臭もわきがの臭いも悪化させます。

その逆でクエン酸サイクルというのは悪臭になる臭いの物質は出ずらくなります。名前の通りこのサイクルを起こすのはクエン酸なのです。そしてこの成分をたっぷりと含むのがお酢です。

体内で酸化が起きると臭いは悪化します。ここでもクエン酸が大活躍します。

お酢というのはアルカリ性の食品にあてはまります。アルカリ性というのは体内の酸化を防ぐ効果があるので、臭いの改善につながるのです。

わきが対策としてお酢の飲み方

お酢といっても使い方があります。普通に考えれば食べる物付けたり勝利に使ったりしますよね。

ただ、わきが対策としてより効果的に使うには・・・ そうです!お酢を飲むのです。考えただけでも辛そうだと思う人はたくさんいると思います。

果実酢の場合はそのまま水などで希釈して飲めますが、そのままだと結構辛いですよね。

なので、同様にこれだけで飲むと考えるのではなくて、何かで割ると飲みやすくなります。

そこで、おすすめは、はちみつです。

お酢にはちみつを入れることで格段に飲みやすくなります。

蜂蜜の殺菌効果は高いのでわきがの予防にも良い効果がありますよ。市販の飲めるお酢で、果実酢が売られているのでそういうものを取り入れることもおすすめです。

わきが対策としてお風呂にお酢を入れてみる

お風呂にお酢を入れることでわきが対策ができます。その名も「酢風呂」といったところでしょうか。

お酢のクエン酸は酸っぱいものに含まれている成分です。殺菌効果が高いので掃除用品などでも使われていることが多いです。

このクエン酸は体内の消臭効果が抜群であり、抗菌効果も抜群です。

お風呂に入れるお酢の量は多すぎると臭くて、気持ちが悪くなってしまうと思います、なので少しずつ入れていきましょう。少し入れただけでも酢の臭いというのはするものですけれどもね。

換気扇はまわしておきましょう。実際にお酢を入れたお風呂に入っていると、臭いに慣れてきてお酢の臭いが気にならなくなります。

しかし、お酢の臭いは実際にするのでお風呂から出るときは身体を洗い流しましょうね。

流さないでいると身体からお酢の臭いがするようになってしまいます。

酢風呂の消臭効果は?

お酢の入ったお風呂に入ると実際にわきがの臭いが落ち着きます。弱まるのです!

あんなに臭いのする酢のお風呂に入っているのにお風呂から出るち酢の臭いだけではなくてわきがの臭いも治まっているのです。不思議なものですよね。

ただし、これはずっと続くものではなくて一時的なものです。

わきがの臭い対策は症状の強さに合わせて

わきがというのは抑えることはできても完治することは簡単にはできません。

完全に治すためには、汗腺を取り除く手術を受けなければなりません。それって簡単なことではないし、かなり敷居が高いことのようにも感じます。

わきがの症状というのは人によって違って軽度のものもあれば重度のものもあります。重度の症状になってくると、自分ではどうしようも対処できない場合が多いです。

そんな時は、皮膚科を受診してわきがの専門的な治療を受けることがおすすめです。

美容クリニックなどでもわきがの治療は行われていますが、一番最初は皮膚科の受診をおすすめします。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】わきが対策はコスパ重視の方へ!100均のおすすめグッズはコレ!