脇の下を気にする女性

ワキガや汗のニオイというのは誰もが気になります。

電車やエレベーターなど人と密集する場所、またデートのときなど「もしかして臭くないかな?」なんて心配をした経験は誰もがありますよね。

そもそもなぜワキガのニオイはするのでしょうか?その原因を追究することでしっかりとした対策を講じることが出来るようになります。

ワキガの原因とは?

ワキガの原因はいくつか考えられますが、ダントツ1位は汗です。

人間の汗には2種類あります。

エクリン汗腺からの汗と、アポクリン汗腺からの汗です。通常、運動した時などに腕や背中などに描くさらっとした汗はエクリン汗腺からの汗です。

一方で、わきの下や局部などデリケートゾーン周辺、耳の中など特定の部位で掻く、ドロットした白っぽい汗がアポクリン汗腺からの汗です。

ワキガ臭の原因になるのは、この後者のアポクリン汗腺からの汗です。

そして、そんな汗をかいてそのまま放置しておくと雑菌が繁殖し、また汗というのは塩分も含んでいることからべたつきも発生します。

それだけではなく、その雑菌が毛穴に入りこむことによってさらに悪臭をはなつのです。

ワキというのはそもそも通気性がよくありません。常に空気がこもっている場所なのでなおさらニオイがきつくなってしまうのです。

それを放置しておくと、毛穴にニオイの元となる雑菌が増え、臭いニオイが常にするようになってしまい、ワキガとなってしまうのです。

生まれたときからワキガの人はいませんからどこかで処理の方法を間違え、ワキガになってしまうのです。

このようにワキガのメカニズムを理解することでニオイの原因を解消することができます。

間違ったワキガのケア

人に言われたり自分でニオイをかいだりして臭いなと思って香水をつけるようにしたり、制汗スプレーを常用するなど人によってケアの方法は様々だと思います。

が、この制汗スプレーがニオイの原因を作り上げていることは御存じですか?

パウダー入り、など多くのデオドラントがでています。

臭いニオイの上からスプレーをしても一瞬はいい香りがしますがすぐに汗のニオイに戻ってしまいます。これはニオイの根本の毛穴からニオイが発生しているからです。

そこにまた新たなニオイが加わることで、さらにニオイがきつくなると思った方がいいです。

汗をかいたからといって、すぐさまワキの下にシューっと吹きかけることはおすすめしません。

ワキガの正しいケア方法

汗をかいたらすぐにウエットティッシュ、抗菌ウエットティッシュなどでふき取る。これが正しいケアのおすすめ方法です。

汗ふきシートでなくても、普通のウエットティッシュでも構いません。

除菌用などでもいいでしょう。とにかく汗をかいたらふき取るということを忘れないようにしましょう。

そうすることで、汗の雑菌もきれいにふき取られます。

もし前述した制汗スプレーをどうしてもやりたい場合はこのようにウエットティッシュでふき取ったあと、ワキが乾燥してからさらっと吹きかける程度で十分です。

ワキガの原因を解消させるには

もうどうしてもニオイが気になる、汗臭いなんて本当にイヤ!という方については、汗腺の切除の手術があります。

ワキガは、Tシャツのワキの部分にもニオイとして残ります。

服の繊維にまで入り込み、洗濯をしてもまた汗をかいたときにそのニオイが再発してくるのです。

そのためニオイが気になるような洋服は心苦しいかもしれませんが捨てましょう。せっかくワキのケアをしていても服についているニオイでワキガがひどくなってしまいます。

汗腺を切除するとどうなるかというと、毛穴がなくなるというイメージに近いです。

汗がでる線が減るということは、汗がそれだけでなくなるということのため、ニオイの原因がそれだけ現象されるというしくみなのです。

入院を必要とする手術ではないためかなり気軽に行えるということもメリットです。

ニオイというのは自分より他人の方が大変敏感です。

とくにワキガのニオイというのは独特で、すれ違っただけでもすぐにワキガだということがわかってしまうくらい強いニオイだったりします。

自分だけのためというわけではなく、家族の方、周りの方やパートナー、職場の人のことも考えていきたいですね。