考える女性

わきがというのは、体質が根本的な原因だということは広く知られてきました。

しかし、わきがの臭いは小さな子供から発生することはほとんどの場合でありません。

体質なので生まれつきのことだけど、赤ちゃんでわきがの臭いがする子はいません。

ならば、わきがの臭いというのはいつから発生するものなんでしょうか。

始まりがあるのならば、いつまでわきがの臭いが続くのでしょうか。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

わきがはいつから発生するのか?

わきがの臭いの原因となるのはアポクリン腺です。

人間の汗腺は2種類に分類されます。それはエクリン腺とアポクリン腺です。

暑い日や運動をしたときに分泌される汗は主に体温調節をするためのものでエクリン腺から分泌されています。

わきがの原因となる汗腺は脇の下だけではなく、他には陰部や乳首、耳の中などにも存在します。アポクリン腺から分泌される汗はもともとは無臭です。

しかし、脂質やタンパク質、アンモニア、鉄分や色素(リポフスチンと言います)などを含んでいるものです。

このようなアポクリン腺から分泌された汗は皮膚の雑菌(コリネバクテリウムと言います)によって分解されて臭いを発生させます。

そして、このアポクリン腺から分泌される汗が多いほど、わきがの臭いは強くなります。

アポクリン腺の数が多くて大きさが大きいほどわきが体質になる可能性は高くなります。そして元をたどると汗腺の数というのは体質なので遺伝によって決まってきます。

わきがの臭いは小さな子供のうちからするものではありません。小さな子供の頃はアポクリン腺が眠っている状態と考えるのがよいでしょう。

ならばいつから臭いがで始めるのかと言うと、思春期を迎えるころです。思春期を迎えるといつからかアポクリン腺が活発化されて活動を始めます。

そうすることでわきがの臭いがで始めるようになるのです。

わきが体質かどうかを確かめるためには?

いつからわきがの臭いがで始めたとしても、わきが体質というのは生まれた時に大体が決まっています。わきが体質なのか、そうではないのかということを確かめる方法があります。

わきがは遺伝によるものがほとんどなので両親は子供にわきがが遺伝しているのではないかと心配や不安もあって気になると思います。

わきがの臭いがいつからかで始める前に、わきが体質かどうか見分ける方法は「耳垢」を見てください。アポクリン腺は耳の中にもあります。

耳の中でもアポクリン腺は汗を分泌しています。なので耳垢の状態が湿っていたり粘り気があるもだったりします。耳垢が湿っているとわきが体質である可能性が高いです。

お風呂上がりなどではなくて、日常生活の普通の時間帯に見てみましょう。サラサラしている耳垢の場合はわきが体質である可能性は低いです。

わきがはいつまで続くの?

わきがの臭いはいつからか始まるときがあるんだから、いつかは終わりがくるのでしょうか。それはいつまでなのでなのでしょうか。

まずはいつまでアポクリン腺が発達していくのかというと、思春期から20歳前後までです。更年期を迎えたことからわきがの臭いは治っていくころがあると言われています。

ただいつまで臭いがするのかというのには大きな個人差があります。50歳でわきがの臭いがしなくなった人もいれば、60歳でも変わらずわきがの臭いがする人もいます。

いつまで続くのかというのは一概には言い切れないものがあります。

わきがの臭いをなくすためには?

わきがの臭いはデオドラントクリームなどで抑えることはできますが、わきがの臭いをなくすためにはアポクリン腺を除去しなければなりません。

除去するためには手術や治療が必要になります。

この場合は子供のうちに治療をしてもアポクリン腺は発達途中で再発する可能性が高いので、20歳を過ぎてからにしたほうが良いです。

いつまで続くのか分からないわきがだからこそ治療ろいう選択肢もあるのかもしれません。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】スソわきがに効果があるクリームのランキングBEST3!