わきの下を見せる女性

わきがの手術は、わきがの症状を治したいから受けるものだと思います。

わきがの手術はさまざまな種類がありますが、全ての手術において100%成功するものではありません。わきがの手術をしても臭いが治らないというケースもたくさんあります。

そして手術の後にさまざまな症状が起きる場合もあります。

これがわきがの手術による後遺症というものなんですよね。

こちらでは、わきが手術によって起きうる、具体的な後遺症について情報をまとめます。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

わきがの後遺症はどんなものがあるのか?!

わきの下にルーペを当てている

わきがの手術の後に良くない症状が起きる場合があります。全てを後遺症と言うわけではありませんが、術後に出てくる問題をお話していきます。

手術の傷跡が残る

メスを使って皮膚を切開するようなわきがの手術を受けた場合は傷跡が残ります。それ以外の手術の場合も傷跡が残ってしまうということもあります。

傷跡が残らない手術の方法もありますが、そのような手術は費用が高いのに汗腺の取り残しが多くなる場合が多いのでしっかりとした効果を得られない場合があります。

わきがの手術の傷跡というのは、医師の技術力によっても変わりがあるんだそうです。

臭いが消えなかったり強くなる

わきがの手術を行うことでわきがの臭いが消えるということは当然だと思いがちなのですが臭いが消えないということは珍しいことではないのです。

せっかく痛い思いをして、高い費用を払ってもわきがの手術で臭いが消えないということがあるのです。これはわきがの手術をしても汗腺が取り除けなかった場合に起こります。

全て汗腺を取り除けばわきがの臭いはなくなりますが、全てのわきがの原因となる汗腺を取り除くことは不可能と言えます。

わきがの手術の種類は大きく分けると2種類に分類されます。それは、目で直接汗腺を確認しながら除去していく方法と目で直接見ることなく汗腺を除去する方法です。

目で直接見るタイプの手術は皮膚を切開して皮膚を裏返して汗腺を除去していきます。汗腺の取り残しが少なくなるので高い効果が期待できます。

しかし傷跡は残ります。もう一方の目で見ないタイプの手術の方法は汗腺の取り残しが起こる場合が多く、重い症状のわきがの人にはおすすめできない手術です。

わきがの手術をすることで臭いが強くなってしまったという後遺症の話がありますが、これは具体的には解明されているものではありません。

しかし、わきがの手術のあとにわきがの臭いが強くなったという人が多いのは事実です。

脇毛がはえなくなる

わきがの手術の後遺症というか、術後に起きる症状として脇毛が生えてこなくなるというものがあります。

女性にとっては嬉しいことなのですが、男性にとっては恥ずかしいという人もいるようです。ただ、わきがの症状がある場合は脇毛はないほうが臭いが軽減するんです。

手術をしてわきがの臭いがなくなったとしても、脇毛の処理をしておいたほうが安心だと思います。

汗を大量にかくようになる

わきがの手術というのは汗腺を除去するものです。

わきがの原因となるのはアポクリン腺から分泌されている汗ですが、わきがの手術をするとアポクリン腺だけではなくて通常の汗腺のエクリン腺も除去されることになります。

脇汗の出る汗腺が脇からなくなったということは、脇でかくはずの汗が違う部分にまわります。そのために汗の量が増えたように感じるのです。

代償性発汗という後遺症が起こることもあります。

この後遺症はわきがの手術では起きることはあまりないと言われていますが、手術によって神経を傷つけてしまうことで異常に大量の汗をかくようになるというものです。

わきがの手術は慎重に考えよう

わきがの手術は臭いが消えなかったりなどの問題が起こることもあります。後遺症のような症状も起きてしまう場合もあります。

わきがの手術はメリットもあればデメリットもあります。最悪の場合は後遺症なのです。

わきがの手術は簡単に思われがちですが、慎重によく考えて決断していきましょう。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】ワキガって消えるの?無臭までの3ステップ