耳掃除をする女性

ワキガのセルフチェックのひとつに「耳垢が湿って粘り気があるかどうか」というものがあります。

耳垢が湿っていることとワキガには何の関係もないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実は大ありなのです。ワキガと耳垢の湿りの関連性について、説明していきましょう。

ワキガのカギを握る「アポクリン腺」と耳垢の関係性

ワキガと耳垢の関連性について説明する前に、なぜワキガになってしまうのかについて説明していきましょう。

汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺の2種類があります。エクリン腺は運動や気温上昇などによって体温が上がってしまったときに、汗を出すことで体温を下げる働きを持っています。

一般的な汗といえばこのエクリン腺から分泌される汗だと思って間違いないでしょう。

これに対してアポクリン腺から分泌される汗は若干特殊です。こちらは動物における性フェロモンのような働きを持っています。

このため、性的に興奮したときに分泌されやすいという特徴を持っています。

こうした働きの違いがあるため、分泌される汗そのものも違っています。

エクリン腺から分泌される汗はほとんど水分と塩分からなっています。これに対してアポクリン腺から分泌される汗には、脂質やタンパク質などが含まれています。

そして、この汗の成分の違いがワキガのカギを握っているのです。

アポクリン腺は耳の中など特定の部位にしかない

エクリン腺とアポクリン腺の違いはもうひとつあります。エクリン腺は足の裏のように非常に数が多い部位があるものの、基本的には全身くまなく分布しています。

これはエクリン腺が体温を調節するための機能を持っているため、少しでも多く分布している方が多くの汗を分泌でき、効率的に体温を下げることができるからなのです。

これに対してアポクリン腺はワキの下やデリケートゾーン、耳の中の外耳道など特定の部位にしか分布していません。

実際、エクリン腺の数が多く、他の部位に比べて大量の汗をかくようになっている足の裏には、アポクリン腺は存在していません。

これは上に書きましたように、アポクリン腺が性フェロモンのような機能を持っているため、臭いのこもりやすい場所に存在しているからです。

実際、ワキの下もデリケートゾーンも外耳道も風通しが悪いため、臭いがこもりやすい場所です。

人間の場合はこの性フェロモンとしての機能は衰えていますが、こうした分布の偏りはアポクリン腺本来の機能の名残といっていいでしょう。

ワキガの人はアポクリン腺の数が多い

ここで重要になってくるのは、アポクリン腺の数は人によって差があるということです。極めて数が少ない人もいれば、数が多い人もいるのです。

この数は基本的に遺伝によって決まってきます。

そして、アポクリン腺から分泌される汗には性フェロモンのような機能があり、ワキガのカギを握っているのは上にも書いた通りです。

つまり、アポクリン腺の数が多い人はワキガになりやすい体質なのです。実際、ワキガの人はアポクリン腺の数が比較的多いことが分かっています。

アポクリン腺の数が多ければ分泌される汗の量が増え、ワキガになりやすくなるというわけです。

そして、これも上に書いたことですが、アポクリン腺の存在する場所は偏っています。アポクリン腺の数が多いということは、ワキの下にも外耳道にも多くの汗が分泌されることを意味しています。

外耳道にアポクリン腺の汗が多く分泌されると、外耳道には水分が増えますので、耳垢が水分を吸って湿り気を帯びることになります。

つまり、耳垢が湿り気を帯びるということはアポクリン腺の数が多いことの証明であり、ワキガのセルフチェックに有効なのはそうした関連性があるからなのです。

汗そのものは臭いの原因ではない

ただ、アポクリン腺から分泌される汗はワキガの「カギを握っている」だけであり、臭いそのものの原因ではありません。

そもそも汗には、臭いの原因となるような物質はほとんど含まれていないのです。

もし汗に臭いの原因となるような物質が含まれていれば、汗をかきやすい上に蒸発しやすいサウナルーム内は臭いが充満してとんでもないことになってしまいますが、実際にはそんなことはありません。

実際には汗そのものが無臭だからです。

では、ワキガの原因は何かといえば、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂質を栄養分にして繁殖する細菌です。

具体的にはコリネバクテリウムというもので、この細菌の分泌物の臭いがワキガの臭いなのです。そして、アポクリン腺の数が多く、汗の分泌量が多いということは、細菌が繁殖するために必要となる栄養分が多いということを意味しています。

栄養分が多ければ細菌が増えて多くなりやすくなりますので、結果として臭いの原因となる分泌物が増加し、ワキガになってしまうというわけです。

つまり、臭いそのものの原因ではないのに「悪玉」扱いされてしまっているのが汗なのです。

実際、汗を止めることがワキガの臭いを抑える対策にはなるのですが、なんだかかわいそうな気がしてしまうのは気のせいでしょうか。

【2016年版】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】ワキガの原因とは?!間違った脇のケアしてませんか?