ランドセルを背負っている小学生

わきがは大人だけでなく子供でもなります。子供のわきが対策を中心に、わきが予防についてまとめています。

【注目記事】わきがはいつから始まっていつまで続くものなのかが知りたい!

子供のわきがの原因とは?

子供のわきがの原因には、遺伝性のものと肉体的な成長が挙げられます。基本的には子供のわきが臭が強くなるのはホルモンの分泌が盛んになる思春期頃と言われていましたが、最近では小学生などの児童でもわきが臭になったりと低年齢化しています。食生活の欧米化も原因となっているかもしれません。今の若い人のアポクリン腺は大きくなっていると言われています。

子供のわきが対策では、お母さんを含め周りの人の過剰反応も良くありません。子供のわきがの場合は、自身で気づいていないことも多いので親御さんは過敏に反応し過ぎないように心がけて下さい。大事なのは本人が気にして悩みを抱えるなど、お子さんに無用な悩みを植え付けないことです。よき相談相手として本人のサポートをする姿勢をとるようにして下さい。

子供のわきが対策いろいろ

肌に刺激の少ないアイテムを利用する。わきが対策に、みょうばん水や重曹などを使用する方法もあります。ワキに直接塗布する方法の他、みょうばん風呂や重曹風呂などにして浸かる方法もあります。通常入っているお風呂の浴槽に、みょうばんや重曹を入れるだけの簡単な方法です。

食事内容を見直す

子供のわきが対策にも食事内容は大切です。食生活の偏りを直すことで臭いを抑えることが出来ます。つい、子供がお肉が好きなのでお肉を中心にメニューを組んでいると、コレステロールの過剰摂取になってしまいます。

また、ご飯や麺類などの炭水化物の摂り過ぎも運動量と比例していないと糖質過多になります。親御さんは、食事メニューが偏らないように注意してあげて下さい。

野菜嫌いなお子さんも少なくないと思いますが、ブロッコリーやアボガドなどの抗酸化作用の高い野菜を豊富にメニューに取り入れてみて下さい。大豆も抗酸化作用の高い食材です。活性酸素が抑制されると、代謝の促進や便秘の解消、血液の循環などが良くなることでわきがにも影響してきます。

運動不足を解消する

大人だけでなく、子供の運動不足もわきがに関連しています。適度な運動で、代謝の活性化とストレス解消などを心がけて下さい。特に思春期などは、皮脂の分泌も盛んです。わきがの問題だけでなく、ニキビの原因などにも繋がります。

運動することで代謝を活性化し、汗をかくことで身体の老廃物を体外に放出することが出来ます。ビタミンやミネラルを豊富に摂取しながら運動をするようにして下さい。自然とストレスの解消にもなっているので、そういった面でもおすすめのわきが対策です。

衣服に消臭スプレー

衣類にスプレーするタイプの消臭剤も効果があります。気になるワキの部分に前日などにスプレーしておくようにして下さい。下着などにもスプレーしましょう。

もちろん、市販のデオドラント剤などでも効果は期待出来ます。衣類の消臭スプレーとデオドラント剤を併用しても良いかもしれません。評判の良いものも販売されているので、購入者の口こみなどを調べてから購入されてみてはいかがでしょうか。

高校生くらいの年齢になれば手術という選択肢もないことはありません。それ以前の年齢ではアポクリン腺が成長途上なので、あまりおすすめ出来ません。

高校生くらいになるとアポクリン腺も大人と同じくらいの大きさになるので、手術という選択肢も視野に入れてみても良いかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。子供のわきが対策にも様々な方法があります。基本的には子供のわきが対策でも大人のわきが対策と大きな違いはありません。手術などをしなくても、親御さんが改善するよう努力することで子供のわきがを改善することも出来ます。子供が小さいうちは、肌に刺激の少ないものなどを使用してわきが対策してみて下さい。

【注目記事】わきがはいつから始まっていつまで続くものなのかが知りたい!

【注目記事】ワキガの原因とは?!間違った脇のケアしてませんか?