かけっこをする小学生の足元

子供のわきがの治療方法に手術という選択肢はあるのでしょうか。子供のわきがと手術などについて記載しています。

【注目記事】わきがはいつから始まっていつまで続くものなのかが知りたい!

子供のわきが治療の方法

子供のわきが治療でも大人と同じように様々な方法があります。子供のわきがは遺伝が原因になっていることが考えられ、親がわきがの場合は子供もわきが体質になることが殆どです。わきがの原因の大きな要素である汗や雑菌を抑えることがわきが対策になります。

子供のわきが治療では、緊急的に臭いを予防するデオドラント剤や専用クリーム、塩化アルミニウムなどを使用する方法もありますが、体の内面から体質改善することによって汗の臭いや分泌量を抑える方法があります。

また、ストレスや睡眠不足、運動不足、食生活の偏り、不規則な生活などが深く関わっています。特に、児童ではなく成長期や思春期の子供はホルモンの分泌も盛んなため、わきがになりやすいです。

子供のわきが治療に手術!?

ゴム手袋をしている医師

子供のわきが治療にはどういった方法がベストなのでしょうか!?大人のわきが治療では手術をするという方法がありますが、子供のわきが治療にも手術という選択肢はあるのでしょうか!?

子供のわきが治療として手術という選択肢についてみていこうと思います。子供のわきが治療もその度合いによって治療方法が違ってきます。わきがの度合いが重度の場合は、マイクロリムーブ法というわきが手術があり、軽度の場合は、パースピレックスという制汗剤を処方します。

基本的には、10歳のお子さんから施術は受けられる医療機関などがあります。当日に控えてほしいこととして水泳や激しい運動などがあります。施術直後でも学校や塾などの通常生活には問題ありません。

ただし、子供のわきが手術は短時間で終わるとはいえ、負担になるのではないかと思います。また、体が成長しきらないうちにアポクリン腺などの皮脂腺を除去してしまうのも、発汗など新陳代謝の面で良くないのではないかと思われます。

子供のわきが治療におすすめの方法としてミラドライがあります。わきがの度合いが中程度~重度に対応できる治療法です。ミラドライは、皮膚に全く傷をつけず治療後の回復も早い治療方法です。そのため、子供におすすめのわきが治療方法と言えます。

子供のわきが治療には手術よりもミラドライがおすすめと言えます。また、ボトックス注射や電気凝固法などの治療方法もあります。ボトックス注射は学校生活にも全く支障がなく、非常に簡単な治療です。汗を減少させることでわきが臭も軽減されます。ワキ毛が生えてきたお子さんには、電気凝固法の治療もあります。

わきが臭が半減しますし、脱毛も兼ねることが出来ます。ボトックスと併用すれば、70%~80%程度軽減することが可能です。以上の方法は、傷が残らず生活に支障のない治療方法となります。

以上、クリニックなどの医療機関での手術や治療方法について紹介しましたが、クリニックでのわきが治療は健康保険適用外になるところも多く、経済的な負担になるケースも多いのが現実です。

食事内容の改善や生活習慣の見直し、デオドラント剤などの出来る範囲の対策でも効果はあるので、お子さんの体と生活に支障のないわきが対策をされるようにして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上のように、子供のわきが治療にも大人と同じように手術という選択肢がないことはありません。ただし、子供の場合は正常な汗の分泌を促すためにも手術という方法はあまりおすすめしません。

手術をすすめる医療機関もありますが、リスクなどをしっかりと把握したうえで判断するようにして下さい。わきがの予防方法は手術以外にもたくさんあるので、それらの方法で試してみてはいかがでしょうか。

【注目記事】ワキガクリームの選び方!人気商品を比較して見つけよう!

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!