わきがにテノール液という商品が効果があるという口コミがあるのですが本当なのでしょうか!?

わきが予防や対策にテノール液というものがどのような効果をもたらすのか見ていきましょう。

わきが対策にテノール液が効果が期待できる理由とは?

わきがの原因には、大きく分けて2種類あります。
一つは遺伝によるもので、もう一つは脇汗などによる細菌や雑菌の繁殖が原因と言われています。
脇汗が原因になっているわきがでは、アポクリン腺からの汗を抑える必要があります。

アポクリン腺は脇にある皮脂腺で、通常の汗を分泌する皮脂腺はエクリン腺となります。そのため、わきがを抑えるにはアポクリン腺からの汗の分泌を抑える必要があります。

皮膚科や美容クリニックでの治療や手術では、このアポクリン腺を除去することでわきが治療を行っています。
アポクリン腺からの汗を抑える必要があるため、昨今のデオドラント剤では消臭作用だけでなく制汗作用や抗菌・殺菌作用が必ずと言って良いほど含まれています。

テノール液の主成分は塩化アルミニウムです。塩化アルミニウムは汗腺を塞いで汗を止める効果があります。

テノール液は塩化アルミニウムを薄めたものなので、皮膚科やクリニックで処方される塩化アルミニウムが肌に合わない人などのわきが対策にもおすすめの商品です。

テノール液は同タイプの製品のオドレミンに比べ、濃度が薄くなっています。

制汗作用があるためわきがの原因となるアポクリン腺からの汗も抑えられ、わきが対策にテノール液は効果があると言われています。
わきがを抑えるには消臭の観点からでなく、制汗や殺菌をすることで臭い対策を行います。

メリットも多く、塩化アルミニウムなどと比べ、肌に与える刺激が比較的少ないということがあります。
塩化アルミニウムは強力な制汗作用を持つ成分が配合されている代わりに、肌に過度な負担がかかることもあります。

それに対し、テノール液は塩化アルミニウムを薄めてあるので肌への負担が少なくて済みます。そのため、敏感肌や肌がデリケートな方など、肌が強くない方でも安心してわきが対策に使用することが出来ます。

テノール液の使い方とは?

使用方法は簡単で、わきがの気になる部分に直塗りするだけです。

ロールオンタイプなのでしっかり肌に液体が馴染みやすくなっています。
持続時間もそれなりにあるので、使用間隔をあけて使用するようにして下さい。

効果の持続期間には個人差がありますが、短い人でも2,3日継続しますし長い人では1週間近く効果を感じている方もいらっしゃいます。

テノール液は塩化アルミニウムなどに比べると効果は若干落ちますが、塩化アルミニウムほど刺激が強くなく使いやすいため、軽度のわきが対策の方や初期段階のわきがの症状の方におすすめのアイテムです。

アルミニウム系の成分が配合されているため、制汗の持続効果の時間も長めであると考えられています。

テノール液は制汗作用をベースに汗を抑える効果が期待できるため、汗が原因で引き起こされるわきが臭の対策にも効果があると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上のことから、わきが対策にテノール液はおすすめのアイテムと言えます。
テノール液は薄められていて塩化アルミニウムよりも刺激が少ないため、肌がデリケートな方や敏感肌の方にも比較的安心して使用して頂けます。

わきがの原因となるアポクリン腺からの汗を抑制する効果が望めるため、しっかりとわきが対策が出来ます。

テノール液は、わきが対策以外にも手汗や足汗などの多汗症の抑制にも使用することが出来ます。
持続効果も良く、初期段階のわきがの症状の方や軽度のわきがの方にもおすすめです。

【注目記事】わきがはいつから始まっていつまで続くものなのかが知りたい!

【人気記事】わきが対策クリームランキング7位!効果を実感出来たのはどれ?!