衣服に出来た汗ジミ

お気に入りの服にいつの間にか出来上がっている脇下の黄ばみ。アンダーウェアを着用しない夏服にとっては特に深刻な問題です。

脇下にべっとりと広がる黄ばみは、ひとたび出来ると何度洗濯しても簡単には落ちてくれません。

なぜ、脇下にはこのような黄ばみのシミが出来るのでしょうか。その主なものとして4つの原因を挙げることが出来ます。

  1. 汗の色素
  2. 制汗剤
  3. 汗腺機能の低下
  4. 緊張などの精神的な要因

その点を踏まえたうえで、ワキガと衣服の黄ばみについての関係性について見ていきましょう。

ワキガと黄ばみの原因は一緒

人間から分泌される汗には大きく二つの種類に分類することが出来ます。

一つは主に体温調節を目的として分泌される「エクリン腺から出る汗」と異性を引き付けるために分泌される「アポクリン腺から出る汗」があります。

エクリン腺から出る汗はさらさらとした無色透明な汗で、この汗によって衣類に黄ばみができることはありません。

反対にアポクリン腺から分泌される汗はやや粘り気があり、白濁しています。このアポクリン腺から出る汗が衣類に沈着していくと黄ばみになります。

アポクリン腺は主に脇下に張り巡らされている汗腺であるため、脇下にばかり黄ばみが出来てしまうということです。

脇汗が黄ばみをより悪化させる手助けを?!

脇汗対策として定番中の定番である制汗スプレーや制汗クリームなどの制汗剤。これを使用すると、汗が抑えられて一緒に衣類の黄ばみ対策にもなると考えがちです。

しかし、場合によってはこの制汗剤こそが衣類の黄ばみの原因となっていることがあります。

自身の汗と制汗剤が化学反応をおこすことにより黄ばみを作り出している可能性があります。自分の体質に合った制汗アイテムを探すことが大切です。

また、「最近いきなり脇下に黄ばみが出来始めてきた」という方は、「最近新しい制汗剤を使い始めたか」ということを思い返してみてはいかがでしょうか。

思わぬところに原因が潜んでいることもあります。

快適すぎる部屋は黄ばみの原因に

会社のオフィスや自宅、一日中空調が効いていませんか。快適すぎる部屋で一日中過ごしていると汗をかく機会が失われていきます。

その結果、汗腺機能が衰えていきます。本来無色無臭のエクリン腺から分泌される汗ですらも、体の外に排出されずにたまっている余分なミネラルや鉄分が混じり汗の色が濃くなってしまうことがあります。

空調ばかりに頼るのではなく、適度に全身から健康的な汗を流して、汗腺に仕事をさせてあげることが衣類の黄ばみ対策にも繋がります。

脇の下の黄ばみ~心の問題と衣類の問題~

緊張や不安を感じたときに、脇下にべったりと出てくる汗のほとんどはアポクリン腺から分泌されている汗です。

前述したとおり、アポクリン腺から出てくる汗はエクリン腺と違いいろいろな成分が含まれています。

緊張したり、冷や汗をかいたりしたら出来る限り手早く脇下をタオルなどで拭ってあげるなど、細かいことの積み重ねが大切な衣類を守ることにも繋がります。

衣服の黄ばみって落ちるの?

普通に洗濯するだけではあのしつこい衣服の黄ばみは落ちません。しかし、洗剤に含まれている界面活性剤は黄ばみの皮脂を効果的に取り除いてくれます。

つまり、黄ばみを落とすためには、洗剤の成分に界面活性剤が出来るだけたくさん含まれている洗剤を選ぶと効果的です。

皮脂汚れを落とすことが得意なものは洗剤だけではありません。洗顔フォームやメイク落とし、シャンプーなどは体の余分な皮脂汚れを取り除くためのものです。

皮脂汚れの一つである脇下の黄ばみは、実は身近なもので十分落とすことが出来る汚れなのです。

そもそも衣類を直接脇下に触れさせなければ良い

絶対に汚したくないお気に入りの服などは、潔く脇汗パッドを使いましょう。現在は脇汗パッドだけでも薬局に沢山の種類がラインナップされています。

衣類が脇下に直接触れなければ良いため、脇汗パッドが最も有効で確実な方法と言えるでしょう。ワキガと脇下の黄ばみは全く別のものですが、対策等は同じようなことが紹介されています。

つまりは、脇と衣類を触れさせないようにすればよいのです。脇汗パッドや脇汗パッド付インナーを利用することで、脇下トラブルを解決することが出来ます。

暑い夏には、薄着がしたいです。しかし、脇下に黄ばみが広がっている洋服を着るのは恥ずかしすぎます。

ましてや夏物は薄い色の服がほとんどではないでしょうか。新しく買った服を汚さないためにも、自分で出来ることから始めてみてはいかがでしょうか。

【注目記事】わきが対策には重増水が効く?作り方や使い方とは?

【2016年版】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!