レモンとクエン酸

ワキガの対策には大きく分けて2つのアプローチの方法があります。一つは出てきた汗、発生した臭いに対策を講じる方法です。

代表的なものとして、制汗スプレーやクリーム、脇汗パッドといった方法があり、薬局などに足を運べば様々なアイテムがラインナップされています。

カバンに忍ばせたり、朝のちょっとした時間に実行することが出来たりと、比較的お手軽な方法です。

もう一つが体質から臭いの発生しにくい、脇から発汗しにくい体質に改善する方法です。継続して実践することで、体の内側から改善され、そもそもからワキガなどの体臭が発生しにくい体づくりを目指します。

運動不足の解消や、空調環境の改善、食生活の改善などちょっとしたところを心掛けるだけで、気が付けば臭いが気にならなくなることが期待できます。

「クエン酸」は体の内側からワキガ発生原因をブロック

体の内側から改善する方法としての運動不足や生活環境の改善は、正直なところ仕事やその他の要因により、なかなか継続することが難しい方法でもあります。

そこで、おすすめするのが、「クエン酸」です。食事のなかでクエン酸が多く含まれている食べ物を意識的に摂ってみてはいかがでしょうか。

体が臭くなる原因として、体内に乳酸がたまることが挙げられます。この乳酸は体の中にあるアンモニアと結びついて体外に排出されるため、臭いのある汗となりやすくなります。

しかし、クエン酸は乳酸を水と炭酸ガスに分解して、体の外に排出するはたらきがあるため、乳酸がたまりにくい体へと変えることが出来ます。

アンモニアと結びつく乳酸が減少すると、必然的に汗などから発生する独特なアンモニアの臭いを抑えることが出来ます。

「クエン酸」を摂取するなら、梅干しがおすすめ

梅干し

クエン酸は乳酸を貯まりにくくする作用があると前述しました。ではクエン酸はどのような食品に含まれているのでしょう。

おすすめは「梅干し」です。梅干しにはクエン酸が豊富に含まれており、乳酸を貯まりにくくしてくれるには十分な食品です。

さらに、梅干しはアルカリ性であるため、酸性に偏った体を中和してくれる作用もあります。

脂っこい食事をした後には、梅干し一個を食べるだけで、体内の臭い発生環境を大幅に改善させることが出来ます。

内側からだけでなく、外側からもクエン酸効果

クエン酸を体内に摂取することで、体の内側から臭い対策することが出来ます。

しかし、クエン酸の効果はそれだけではありません。

ワキガの原因の一つとして、体内で生み出される「アポタンパク」という物質が挙げられますが、このアポタンパクを減らす効果もクエン酸には期待されています。

例えば、クエン酸を多く含むリンゴのすりおろしを脇に当てたり、100均で売られているクエン酸をお風呂にいれたりすることで、汗腺からクエン酸が吸収され臭いの元をシャットアウトしてくれる効果があります。

体質改善の第一歩としてのクエン酸

体の外側からの対策だけでなく、内側から体質を変えることがワキガを根絶させるために最も重要なことです。その第一歩としてクエン酸の利用をお勧めします。

薬局や通販ではワキガに効くと言われている健康食品も多数で回っていますが、まずは身近にあるクエン酸を含む食品でチャレンジしてみてください。

少しでも効果を実感することができたのなら、生活環境の改善や運動不足の解消のモチベーションアップにもつながるでしょう。ワキガの対策だけでなく、体調の改善にもつながります。

ワキガの悩みをなくして、自分に自信を持った毎日を送ると同時に、健康的な体を目指してみてはいかがでしょうか。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】ワキガにオロナインが効果があるっていうのは嘘か本当か?