注射器を準備する

ボトックスというのはワキガの治療ではなくて美容の世界でよく聞くものですよね。美容のこととなると、顔のシワをとるために打たれる注射です。

このボトックスの治療はワキガや多汗症にも効果があるとされています。

最近ではたくさんのクリニックで行われている治療法の一つです。ボトックスは注射をするだけなので傷痕が残らないことが特徴のワキガ治療です。

ボトックスとは?

ボトックスというのは聞いたことはあるけれど詳しくは知らないという人が多いのではないでしょうか。ボトックスの効果には神経伝達物質のアセチルコリンの分泌を抑える働きがあります。

これで何が起こるかというと、筋肉が痙攣したり緊張したりするのがなくなります。

ボットクスを注射することで筋肉の緊張がなくなるということです。このアセチルコリンには汗を分泌される作用もあるので、筋肉をリラックスさせる以外にも汗を抑える効果があるのです。

ボトックスのメリット

ボトックスでのワキガの治療の一番大きなメリットになるのが、治療の時間がかからないことです。脇の下の数箇所にボトックス注射を打つだけなので、すぐに終わります。

痛みも少なくすみます。効果は数日であらわれてきます。そしてボットクスならば傷痕が残ることがないというのも魅力の一つです。

アポクリン汗腺をしっかりとりのぞける手術になると、数センチの目立つ傷痕が残ってしまいます。ボトックスならばそういう心配もいりません。

そしてボトックスの治療は精神的な理由からくる発汗に高い効果を発揮します。

ボトックスのデメリット

ボトックスでワキガの治療をしたときのデメリットは、効き目が短いということです。

多くの人が3ヶ月から半年ぐらいでボトックスの効果が薄れてしまって、ワキガの臭いは元に戻ります。そのためワキガ対策をボトックスで続けていく場合は維持をする費用は高額になります。

保険適用外となると1回のボトックスで10万円くらいかかってしまいます。

年に2~4回すると考えると高いですよね。そしてボトックスの効果は個人差が大きく、効く人と効かない人がいます。効かない人は、全く意味がなかったということになってしまうのです。

ボトックスのワキガへの効果は?

昔はボトックスはワキガへは効果的ではないと言われていましたが、実際にはワキガへの効果は認められています。

1度で効果が現れなかった人などでも2回、3回を治療を受けることで効果が現れることもあるんだそうです。

ボトックス注射は精神的な発汗にも効果があるので、緊張や不安の際の発汗が抑えることもできます。

ワキガの臭いのもととなる脇汗というのは本人が気にすれば気にするほど出てきてしまいます。

これも精神的なストレスからくるものなのです。こういう脇汗が抑えられることもワキガには効果的です。

ボトックスの注意点

ボトックス注射は正しい濃度と量が重要になってきます。濃度が高かったり、必要以上の量を注射してしまうと副作用が出てしまったり、違和感を感じたりすることがあります。

病院選びは慎重にしましょう。当たり前ですが、妊娠の可能性がある人のボトックス注射はおすすめできません。

ワキガの治療方法(ボトックス注射以外)

最後にワキガの治療法にはボトックスの他には何があるのかを考えてみましょう。ワキガで初めて病院などを受診するときは「皮膚科」を受診しましょう。

そこで治療が決まって進めていく段階になったら美容外科などへ紹介状を書いてもらうことがおすすめです。ワキガの治療は薬物療法から手術までたくさんの方法があります。

薬物療法は手軽だけれども効果があらわれないワキガの人もいます。手術は一番のワキガの改善方法でもあるけれどメスを使う分、リスクが高いです。

この二つの中間に位置しているのがボトックスの治療方法です。最近では、ボトックス注射というのが広く知られるようにもなったので治療が受けやすい環境にもなりました。

【人気記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【注目記事】これってワキガ?脇下の黄ばみの4つの原因