手術用のマスクをする女性医師

スソわきがって治すことはできるのでしょうか?この疑問はスソわきがの症状に悩んでいる人にとってみれば、とても深刻で重要なことです。

スソわきがは女性にとって大きなコンプレックスになるものです。

一生この悩みを抱えていかなくてはならないというのはとても辛い事です。スソわきがの治療にはボトックス注射や塗り薬、手術などの方法があります。

通販などで販売されているスソわきがび効果のあるクリームを塗ることでも臭いを抑えることはできます。

しかし、臭いが抑えることができてもスソわきがが治っているわけではありません。

現在の時点でスソわきがを完治させる方法は手術以外にはありません。

ならば、スソわきがの手術方法というのはどのようなものがあるのでしょうか?

スソわきがの手術方法

スソわきがは陰部というデリケートな部分の治療になります。

手術の方法は限られていますが、根本的なスソわきがの臭いを解決していくことができる可能性は高くなります。

スソわきがの手術はアポクリン汗腺を除去していくものです。

皮下組織削除法

皮膚を切開してカミソリのついたローラーのような器具を転がしてアポクリン腺を取り除いていきます。

この手術の方法は手術をする医師が直接アポクリン腺を目で見て取り除いていく物なので効果が高いです。

術後は1週間くらい患部を固定させます。傷口が小さく済む手術方法として知られています。

超音波吸引法

陰毛が生えている部位で一番上に位置する部分に小さな穴をあけてメスを挿入して動かして、超音波によってアポクリン腺を破壊して吸引していきます。

皮下組織削除法よりも価格が安くて傷跡が残らない手術ですが、直接目で見てアポクリン腺を取り除いているわけではないので取り残しも出てきます。

なので効果は皮下組織削除法のほうが高いです。

スソわきが手術のデメリットとは?!

スソわきが手術ではメスを身体に入れるものなので、当然デメリットもあります。

よく起こる手術のデメリットの紹介です。

切開の跡

皮膚を切っているわけですから、その傷口にはデメリットがうまれます。

傷口は通常の皮膚に戻る場合もあれば、毛が生えてこないような状態になることもあります。術後はお風呂に入れない、動き回れないなど、日常生活に支障が出ます。

手術から数日たてばシャワーを浴びることはできますが、数週間は入浴することはできません。

皮膚に炎症が起きたり、つっぱった感じがすることなども術後にはあります。傷跡が落ち着くまで数ヶ月の時間がかかることが多いです。

アポクリン腺の取り残しによる再発

スソわきがの手術というのは美容外科などで行われるものが多いので医療保険が適応されることは少ないです。

スソわきがの手術は高額ですし、メスを入れる部分はとてもデリケートば部位なのでトラブルが起こることもあります。

それなのに、手術によってアポクリン腺が完全に取り除いていなければ、スソわきがは完治することはなく再発します。

そうなると、皮膚にダメージを与えただけという結果になってしまいます。

超音波吸引の場合は特に直視しての手術ではないのでアポクリン腺の取り残しというのが起きてしまうことがあります。

スソわきが対策!メスを使う手術ではない選択もある

病院によっては手術をすすめないところもあるのも事実です。

手術というのはハードルが高すぎるという場合はメスを使わない治療をするという選択肢もあります。

ビューホット治療

最新の治療方法で、麻酔を行った後に陰部に高周波をあててアポクリン腺を破壊するという治療法です。この治療法は効果も高いし、術後も回復も早いと評判です。

電気凝固法

陰毛の毛穴の一つ一つに針を刺して電気を流します。アポクリン腺を凝固されて焼却していきます。

ボトックス治療

ボトックスを注射してアポクリン腺からの汗を抑えます。この治療法は軽度の症状におすすめなようです。

まとめ

いかがでしたか?

スソわきが手術はそれなりに効果が期待できますが、アポクリン腺の取り残しによるデメリットや再発のリスクがあります。

その点をしっかりと踏まえたうえで、まずは、スソわきが対策としても使えるデオドラントクリームなどでケアしてみてはいかがでしょうか?

【注目記事】ワキガクリームの選び方!人気商品を比較して見つけよう!

【人気記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!