カルテを確認する医師

わきがの手術というのがあることを知っている人はたくさんいると思いますが、わきが手術費用がいくらくらいになるのかを詳しくしっているという人はあまりいないのではないかなと思います。

わきがの手術というのはアポクリン腺やエクリン腺や皮脂腺を除去をします。

わきがの手術は軽度なものも重度なものも改善していくことができるのが大きな魅力です。

手術はいくつかあって大きく分けると、直接目で汗腺を見ながら行う手術の直視下手術法と、直接目で見ずに機械で汗腺をとりのぞいていく非直視下手術法などがあります。

わきが手術費用はもちろん異なります。以下、詳しく見ていきましょう。

直視下手術法での手術費用まとめ

この手術の方法は現在たくさんの医療機関で行われている手術方法で、一番効果が高く安定した効果が出る手術です。

剪除法(せんじょほう)

脇の下を5センチくらい切開して皮膚を裏返して直接目で見ながらアポクリン腺を取り除いていきます。

この手術の方法は確実にアポクリン腺を除去することができるので効果が高い方法です。

しかし、他の手術とくらべると傷跡が大きく残ってしまうデメリットがあります。

術後は傷口が落ち着くまでガーゼで圧迫する必要があります。症状によっては保険が適用されることがあります。わきが手術費用は30万円から50万円くらいです。

非直視下手術法での手術費用まとめ

この方法の手術は傷跡が残らないように皮膚を切開しない手術方法です。

直接目で見て汗腺を取り除くわけではありません。

皮下組織吸引法

これは脂肪吸引と同じ原理です。脇の下に1センチほどの穴をあけてカニューレを挿入して目では見えない状態の皮膚の下でアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺をかき出しながら吸い取っていきます。

カニューレを入れる穴をあけるだけなので手術跡は目立ちません。

この方法だとアポクリン腺の取り残しがあるとわきがが再発することがあります。わきが手術費用は15万円くらいからかかります。

超音波吸引法

カニューレを挿入してかき出すのではなくて超音波で汗腺や皮脂腺を破壊して吸引していく方法です。これもアポクリン腺の取り残しがある場合があります。

そして皮膚の火傷などの合併症のリスクもあります。わきが手術費用は18万円から30万円ほどかかります。

皮下組織削除法

カミソリとローラーが一体になったような器具を使って、脇の下を1センチほど切開してそこからこの器具を使ってローラーをころがしながら皮下組織を削ります。

高い効果が期待できる手術ですが、皮膚へのダメージが大きい手術なので医師の高い技術がもとめられます。わきが手術費用は20万円から40万円程度です。

わきが手術費用の金額差は意外に大きい!

わきが手術費用は大きな差があります。まずはその手術で保険が適用されるかされないかでもわきが手術費用は変わってきます。

医療機関などで行われる手術で日常に支障が出るようなわきがの症状と判断されると保険が適用されるようです。美容外科などで行われる手術は各クリニックによって大きく金額の差があります。

そのクリニックならではのサービスがあると思うのでわきが手術費用が高いから安いからと言って良い悪いとはいえないものがあります。

わきが手術費用が高い分、アフターケアや麻酔が充実してるとか、脱毛ができるとかさまざまな内容になっていると思うので、自分に合った手術を医師と相談して慎重に決めていくことが大切です。

わきが治療の選択肢として手術を決めるまえに・・・

わきがの手術はわきがの臭いを改善できるというメリットもありますが、手術というくらいなのでデメリットもあります。

自分のわきがの症状に合った手術を選択していないとわきがを改善することができないということもあります。技術力が高くて信頼できるドクターを見つける必要もあります。

手術を受ける前には、メリット、デメリット、わきが手術費用などをよく考えて慎重に決めていきましょう。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】わきが対策ならクリアネオ!消臭効果ならダントツで良い?!