パクチー

わきがなどの体臭の抑制にパクチーをおすすめします。

食事などの体の中からの体質改善でわきがを軽減する方法として、パクチーの効果や成分についてまとめています。

わきが対策に効果が期待できるパクチー(コリアンダー)とは!?

タイ料理などに入っていることの多い、セリ科の一年草(ハーブ)です。

タイ料理や中華料理、インド料理やベトナム料理などエスニックな海外料理に使われることが多いハーブです。

育てるのが難しいイメージがあるかもしれませんが、家庭菜園やベランダ栽培でも簡単に育てることが可能です。種はスーパーやドラッグストアなどでも入手可能です。

様々な呼ばれ方をしている食品で、「香菜」や「コリアンダー」などとも言われています。

パクチーに含まれている成分

パクチーに含まれている成分でまず、一番に挙げられるのが抗酸化作用です。大豆の10倍と言われる抗酸化力は食品の中でもダントツです。

また、パクチーはビタミンCやB2なども含んでいます。柑橘系の果物に多く含まれるビタミンCは肌にも良いですし、ビタミンB2で夏バテなどからの疲労回復にも効果が見込めます。

さらに、カルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄、リンなどのミネラルも豊富なため、発汗などの代謝の促進にも効果があります。

パクチーの効果

パクチーを摂取することで様々な身体に良い効果が期待出来ます。

便秘対策などのデトックスや冷え性改善、スキンケアなどのアンチエイジング、ホルモンバランスの調整などがあります。

強い抗酸化力により、活性酸素を抑制する効果が期待出来るため糖尿病や動脈硬化、胃潰瘍やがん、アレルギーやアトピーなど様々な病気の発症のプロセスに影響を及ぼすと言えます。

あらゆる病気の原因とも言われている活性酸素を抑制する効果が期待出来るため、健康にとても良いハーブです。

パクチーがわきが対策に良い理由

わきがの原因は、通常の汗の排出されるエクリン腺でなく、アポクリン腺の皮脂の分泌による発汗が原因と言われています。

肉食や脂っこいものなどのコレステロール系の食事が中心になるとアポクリン腺が刺激され、強いわきが臭を発生させます。

そのため、食生活の見直しが大切です。また、活性酸素は加齢臭や体臭の原因にもなっています。

パクチーは抗酸化作用が強いため、活性酸素を抑制することで体臭を抑える効果が期待出来ます。

これらの理由からパクチーはわきが予防としても体臭予防としてもおすすめの食品です。

パクチーの摂取方法

パクチーの摂取方法として有名なのは、タイ料理や中華料理、インド料理などがあります。

エスニックな料理に使われることが多いため、そういった料理屋に食べに行っても良いかもしれません。もちろん家庭料理に使用して摂取する方法もあります。

パクチーは割かし育ちやすいハーブでもあります。自分で育てて料理に香辛料として使用すると経済的かもしれません。

パクチー同様わきがや体臭に良い食材

パクチー以外にも、わきがや体臭に良いと言われる抗酸化作用の強い食材はいくつかあります。

セリ科の野菜としてパセリなども抗酸化作用が強い食材です。大豆やリコピンの含まれているトマトなどもおすすめです。また、梅干しは体の不必要な酸性化を防ぐため、臭いの分泌を抑えてくれます。

生姜なども臭いを抑える効果が期待出来ます。殺菌効果が強く、油性ショウガオールやジンゲロンの成分が消臭効果に一役買ってくれます。

まとめ

パクチーは意外と知られていませんが、奇跡のハーブと言われることもあるほど栄養分の豊富なハーブです。

わきがなどの体臭には、日常生活に原因があることも多くあります。

ストレスが溜まっているとかタバコを吸っている、運動不足、睡眠不足などが要因になっていることも多いです。

緊張するとわきがになるという方も多いかもしれません。これらの生活習慣は身体を酸化へ傾けてしまいます。

身体は酸性化することでわきがや体臭だけでなく、口臭もひどくなります。

そういった身体の酸化を抑制するためにも、パクチーなどの抗酸化作用のある食材を摂取することは大切になります。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】ワキガクリームの選び方!人気商品を比較して見つけよう!