多汗症に効果の期待できるプロバンサイン

わきがの症状が重い場合は医療機関での治療を考えると思います。

病院での治療方法は薬物療法から手術まで症状に合わせたものが行われます。

なかでも今回はわきがの薬物治療でも使われることがあるプロバンサインについて紹介していきます。

プロバンサインは汗を止める効果が期待できるとても効果の高い飲み薬なのですが、使用をしていくに従って副作用による注意点などもあります。

わきがの汗を抑えちゃうくらいの薬なわけですから、強力な作用が働く薬であることは間違いないですよね。

プロバンサインは汗を抑えるので多汗症治療で良く使われる

プロバンサインはわきがの薬というよりも多汗症で使われる薬というイメージが大きいです。

汗を分泌するにはアセチルコリンという神経伝達物質が働きます。プロバンサインはこのアセチルコリンの働いをブロックして抑えることができる抗コリン薬なのです。

この薬を使うことによって多汗症の異常の汗が止まるのです。

この薬がなぜわきがにも使われるのかと言うと、わきがの臭いの原因の一つは汗です。アポクリン腺から分泌された汗が皮膚の常在菌に分解されるとわきがの臭いは発生されます。

なので、汗を抑えることでわきがの臭いの原因を一つなくすことができるのです。

プロバンサインの制汗効果とは?

プロバンサインは脇に塗って1時間ほどで完全に脇汗を止めることができる強力な薬です。

ここまで効果が高いとこわいくらいです。正直なところ多汗症ならばプロバンサインの使用は良いのですが、わきがでプロバンサインを使うのはあまりおすすめできないような気がします。

なぜならば、プロバンサインの効果は物凄く高いけれど副作用のリスクも多いのです。

これだけピタっと汗を止めてしまう薬なのですから、何かあるのも当たり前のような気もしますね。

プロバンサインの気になる副作用とは?!

プロバンサインの副作用というのはわきがの原因となる脇汗だけではなくて全身の汗までも止めてしまうということです。

汗だけならまだしも、全身の体内の水分も抑えてしまうのです。体はカラカラの状態になってしまうのです。

なので具体的な体に起きる副作用の症状には次のようなものがあります。

  • 口が乾く
  • 目が乾く
  • 排尿障害が起きる
  • 便秘も起きる
  • 射長障害も起きる

人間の分泌に関わるあらゆる部分に副作用が起きてしまうのです。

水分を体外に出るのを抑える薬ですからね。口の渇きが特にひどい場合は食事をすることが痛くて苦労したりまでになることもあるそうです。

全身の汗をとめてしまうということは、そもそも汗が行っていてくれていた体温調節ができなくなってしまいます。

火照りも出てくるし、熱中症などにもいつも異常に気をつけなければなりません。

プロバンサインの入手方法

プロバンサインは病院を受診して診察してもらうことで処方してもらえる内服薬です。

しかし、最近は個人輸入でネット通販などで入手ができる状態でもあります。

プロバンサインの副作用は危険なものが多いので医師の判断なしに使用するのは避けたほうが良いと思います。

なのでどうしても使ってみたい場合などは医療機関を受診して医師に相談してみましょう。プロバンサインは保険が適用される薬となっています。

わきが治療とプロバンサインの関係とは?

わきがの治療にプロバンサインは効果的です。病院などでわきがの治療の際に処方をしているところもたくさんあります。わきがの悩みが改善されたという話もあります。

多少の副作用があってもわきがの臭いが落ち着くならプロバンサインを使いたいという意見もたくさんあります。

ただし、わきがの治療ならば絶対にプロバンサインということではないのです。もしも、副作用などが強くあらわれた場合は他の治療法も医師と相談して検討していきましょう。

わきがの治療は皮膚科などの医療機関だけではなく美容外科などでも行っています。自分にあった治療法を見つけてわきがを改善していきましょう。

【注目記事】わきが対策クリームランキング!効果を実感出来た順!

【人気記事】ワキガクリームの選び方!人気商品を比較して見つけよう!